未分類

未分類

Mitakaの3次元表示を自宅パソコンとプロジェクターで実現

先日、岡山県井原市美星町の美星天文台を訪問したときに、「4D2U」の投影を見学した。 これは、 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している天体可視化ソフトウェア「Mitaka」を用いており、参加者は3次元立体視用メガネをかけて見る。これはよくある赤青のメガネ(アナグリフ方式)ではなく、 偏光方式のもので色もちゃんと見える。 内容は、地球を離陸して太陽系、銀河系、とスケールを大きくしていき、最後に宇宙の果てから宇宙の構造を見るというもので、立体視によっ...
遠出・遠征

岡山天文博物館(1)

先日、岡山県浅口市の岡山天文博物館とそのすぐ近くの国立天文台188cm望遠鏡、および京都大学せいめい望遠鏡の施設を訪問・見学した。 まず最初は「岡山天文博物館」。 駐車場と岡山天文博物館建屋、右上は国立天文台188cm望遠鏡ドーム この日は雲ひとつない快晴。月も新月に近く、温暖で風も弱い絶好の観測・撮影日和。だが岡山まで遠出してきたので夕方から夜には帰路につかねばならず、星を見るのは無理。普段の新月期に自宅待機していると晴れず、こうして旅行に出てくると晴れ...
散光星雲

NGC6960 網状星雲(西) 光害地

NGC6960 網状星雲(西)はくちょう座の散光星雲(超新星残骸) 【環境】2019/11/1 22:37 -22:39 2:21/兵庫県明石市/気温 18℃->15℃/光害レベル:SQM-L測定値=17.9 -> 18.5 【光学系】FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)/Quad BPフィルター【カメラ】ASI294MC Pro 【架台・ガイド】ケンコーSE2赤道儀/D=50mm F4ガイド鏡/Lodestar Autoguid...
未分類

A’s balcony 移転(加古川から明石)

移転といってもWEBサイトではなく、現実の居住地の話で、昨年末にこれまで住んでいた加古川市のマンションを引き払い、明石市の戸建てへ引っ越しした。 新居はマンションと戸建てが混在する住宅密集地で、2階のバルコニーからは隣家の屋根と自家の屋根の隙間から南西の空の高い部分~天頂がやっと見えるぐらい。旧居の眺めの良さとは比べものにならない。 せめて惑星だけでも観測出来るかと思っていたが、南の隣家の屋根には高いテレビアンテナが立っていたりして、かなり苦しい感じ。今の土星の...
彗星

2013/11/19 アイソン彗星&水星

C/2012 S1 アイソン彗星 (2013/11/19 朝、4.4等級、おとめ座を通過中) 【環境】2013/11/19 5:39/兵庫県加古川市/気温不明/光害レベル:SQM-L測定値=不明【光学系】EF200mm F2.8L II USM -> F4.0 / LPR-N FFフィルター使用【カメラ】EOS 60Da【架台・ガイド】ケンコーSE2赤道儀/ノータッチ恒星時追尾【ソフトウェア】<処理>(下記の通り)【撮影法】ISO400, 30s...
未分類

URANOMETRIA 2000.0 DEEP SKY ATLAS All Sky Edition

今更ではあるが、詳細な星図が手元になかったので、「Uranometria 2000.0 Deep Sky Atlas All Sky Edition」を購入した。 URANOMETRIA2000は以前から分冊で高価なイメージがあったのだが、これは一冊にまとまっていて、Amazonで比較的安価になっていたので、この機会に購入した。 星図は見開きで220枚(440ページ)あって、かなり分厚い。 単3電池並の分厚さがある。 中身のサンプルは...
未分類

【書籍】Deep-Sky Companions: The Secret Deep

“Deep-Sky Companions: The Secret Deep” を購入。 先日、「バンビの首飾り」の画像処理をしてブログに掲載するとき、その説明のためにネット「NGC6589」等のキーワードで検索していると、Google Booksでこの書籍が引っかかった。 これは、眼視観望の対象を紹介する「Deep-Sky Companions」の第4弾で、メシエ天体などのメジャーな天体ではなく、ちょっとマイナーな「知る人ぞ知る」、面白そうな天体を...
散開星団

M11(光害地)

M11 たて座の散開星団(光度5.8等、視直径14') 【環境】2013/7/9 23:30 - /兵庫県加古川市/気温30℃/光害レベル:SQM-L測定値=17.3【光学系】FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)/LPS-P2フィルター使用【カメラ】EOS 60Da 【架台・ガイド】ケンコーSE2赤道儀/笠井ガイドファインダー60/Lodestar Autoguider【ソフトウェア】<オートガイド>iAG<撮影&...
未分類

三日月と金星

今日の日没後、西空に細い月(月齢3.1)と金星を見る事が出来た。 月(月齢3.1)と金星 接近はしておらず、ある程度離れているが、それでも目立つ三日月と金星が夕焼けの中で光っているのは美しい眺めだ。 今週は週明けから快晴が続き、しかも新月近くの好条件だが、残念ながら平日のため遠征も出来ない。

月齢17.9

月齢17.9の月 2013/6/26 23:53FLT98CF 直焦点EOS 60DaISO200, 1/400sec.Photoshop CS6で現像50パーセントに縮小、トリミング 月の海の色が分かりやすいように、若干彩度を上げている。 今の時期の月は高度が低いため、シーイングはあまり良くない。
タイトルとURLをコピーしました