雑記

雑記

SPY×FAMILY×天体観測

天文趣味&天文ブログをやっていると普段から天文関連のコラボグッズを見たときに敏感に反応してしまう。最近では特に大きく反応したのが「GIGO」の「SPY×FAMILYキャンペーン」。クレーンゲームの景品にSPY×FAMILYの天体観測イラストグッズがあるそうだ。 なんでSPY×FAMILYが天体観測なのか、と思ったけどアニメ第2クールのOP曲(SOUVENIR)が「BUMP OF CHICKEN」だからか。 「天体観測」も懐かしいと思ったら2001年だ...
雑記

星降る夜に~しあわせな眠りの音楽

最近は音楽を聴くのもほとんどサブスクによる配信になったが、つい最近久しぶりにCDを購入した。 「星降る夜に~しあわせな眠りの音楽」 CDを流星群の画像をバックに撮影 購入したのは「星降る夜に~しあわせな眠りの音楽」(広橋真紀子)。レーベルの公式サイトは下記で試聴もできる。 私は元々部屋でリラックスしたいとき等に、サブスクのプレイリストでヒーリング音楽をかけているのだが、その中に広橋真紀子さんの音楽が入っていて、特に「暖かい記憶」という曲にとても心惹...
雑記

KATO SL人吉

先日発売されたKATO(関水金属)のNゲージ鉄道模型「SL人吉」セットが到着した。SL人吉の実物については今年6月に熊本まで追っかけ撮影に行った。 その直後にKATOから発売がアナウンスされたため、気分が高まっていたこともあり、すぐさま予約していた。8620形蒸気機関車の東北仕様は2020年に出ていたので、いずれ九州の58654も出るかと思って待っていたが、ちょうど58654号機の誕生100周年に合わせた登場となった。 パッケージの開封画像撮...
雑記

TOMIX 北条鉄道 キハ40-535形

今年の春、桜が咲く季節に乗りに行った北条鉄道のキハ40。 それが今回TOMIXからNゲージで発売されたので、早速購入した。やはり地元で話題になった車両が製品化されるのはうれしい(TOMIXの製品ページ)。 TOMIX 北条鉄道 キハ40-535形 パーツ取り付け前・室内灯取り付け まだ各種パーツを取り付け前だが、室内灯(室内照明ユニットLC(白色))のみ取り付けて撮影している。パワーパックにKATOのパワーパックスタンダードSXを使い、動き出す...
雑記

柵原ふれあい鉱山公園

天文とは「地学つながり」ということで、鉱物・鉱山関係の施設をユルく巡っている(鉱物タグ)。 今回は岡山県久米郡美咲町吉ケ原にある「柵原ふれあい鉱山公園」に行ってみた。「柵原」は「やなはら」と読むらしい。ここの概要は上のリンクの公式サイトに書いているが、引用すると、 鉱石輸送用に作られた片上鉄道の吉ケ原駅舎と操車場のあった場所に作られ、約18,400平方メートルの敷地内には、昭和30年頃の鉱山の様子や鉱山町の暮らしぶりを再現した資料館(鉄筋地上2階地下1階建、...
雑記

香川で鉄分補給の日

10月初めの休日に、香川県さぬき市の「天体望遠鏡博物館」、高松市の「さぬきこどもの国スペースシアター」を訪問し、「星分」を十分に補給した。 その後、その日は高松市内に宿泊した。新月期+土曜日+快晴という好条件だったが、ホテルを高松駅近くに取ってしまったのでやむを得ない。そして翌日、車を市内の駐車場に置いたまま、鉄分の補給に出かけることにした。 6月の北九州旅行の時もそうだったが、鉄道旅行をするついでにプラネタリウムや天文台を訪問する(また...
雑記

マイ銀河鉄道

自宅で星空を背景に夜汽車を走らせたい。そう思い立った。ようするに「マイ銀河鉄道」。 動画を撮影して編集した(下のリンク)。 マイ銀河鉄道・動画 経緯は以下の通り。 実は最近、蒸気機関車(SL)がマイブームになっていて、コロナ禍の谷間の6月中旬には、門司港駅近くの九州鉄道記念館(C59など)を見に行き、ついでに熊本~鳥栖間でSL人吉(8620)を追っかけ撮影した。次に6月下旬、青梅鉄道公園(SL多数)に行き、そこから秩父鉄道まで行きSLパレ...
雑記

SL人吉の追っかけ撮影

今回は、またまた天文と関係ない鉄道の話。 経緯 先日、北九州市を観光で訪れて市内各所の観光名所を見て回ったが、天文分野ではスペースLABOのプラネタリウムが大変良かった。 そしてその翌日は鳥栖まで足を伸ばし、「SL人吉」をJR鳥栖駅で見る他、鳥栖付近で観光して帰る予定にしていた(旅行自体を直前に思い立ったのでSL人吉への乗車は叶わず)。SL人吉は元々、熊本~人吉間を運行するSL列車だったが、2020年7月豪雨で肥薩線が被害を受け、運休していた。...
雑記

【書籍】角川の集める図鑑GET! 星と星座

つい先日の2022年6月8日に株式会社KADOKAWAから発売された図鑑「角川の集める図鑑GET! 星と星座」。 角川の集める図鑑GET! 星と星座(総監修:永田美絵、 監修:本間希樹ISBN:9784041118511) 本書の内容については、発行元のサイトにて詳細に説明されている(試し読み有り)。 全天88星座全てについて、探し方や成り立ちなどがイラストや写真でわかり易く解説されており、各星座内の星雲・星団も写真をふんだんに使って解説されている...
雑記

兵庫県立 人と自然の博物館

天文とは「地学つながり」ということで、鉱物関連の展示をしている施設の訪問をゆっくりと続けている。今回は兵庫県三田市にある「兵庫県立 人と自然の博物館」。通称「ひとはく」。 自宅からは高速道路で1時間以内で行ける近場なのだが、これまで訪問したことがなかった。その理由は、「ひとはく」は人と自然の共生をテーマにした総合博物館なので、これまで訪問した「玄武洞ミュージアム」や「生野鉱物館」のように特に鉱物に特化した展示内容ではないため。ただ、地学全般の展示はあるので、一度は訪問...
タイトルとURLをコピーしました