光害

SQM(スカイクオリティメーター)で光害を測定する

# 2009年秋にココログに掲載した記事を、2020年にこちらに移行しました。内容は2009年当時のものです。 光害とは 光害は「ひかりがい」または「こうがい」と読みます。元々「こうがい」と呼ばれていましたが、これでは発音が「公害」と同じなので、最近は「ひかりがい」と呼んでいるようです。 現在、日本のほとんどの都市部で天の川を見る事はほとんど出来ないでしょう。これは照明によって夜空が照らされているためで、暗い星や天の川、星雲等はその光で隠されてしまってい...

SQM-Lによる光害測定データ・大河内高原・夜鷹山近辺(兵庫県神河町)

# SQMのページに戻る 2020/8/15更新新しいデータは上に追加していきます。 このページのTOPに戻る

SQM-Lによる光害測定データ・砥峰高原(兵庫県神河町)

# SQMのページに戻る 2020/10/4更新新しいデータは上に追加していきます。 このページのTOPに戻る

SQM-Lによる光害測定データ・自宅ベランダ

# SQMのページに戻る 2020/8/15更新新しいデータは下に追加していきます。 加古川市 日付 時間 方向・高度 SQM測定値 気温(℃) 備考 2009/10/27 0:32 南東・45° 18.03 - 3等星がはっきり見える 2009/10/28 0:53 南東・45° 17.65 - 3等星は見づらい 2009/11/8 22:05 南東・45° 17.07 - 3等星は見えない 2009/11/...
系外銀河

系外銀河向け光害カットフィルターの検討

最近は遠征に行くことも少なくなり、特に冬期は専ら自宅でカラー冷却CMOSとワンショットナローバンドフィルター(Quad BP)の組み合わせで散光星雲を中心に撮影している。 ワンショット・ナローバンドフィルターは高価なので今のところQuad BPしか所有していないが、輝線星雲、惑星状星雲、超新星残骸に対しては効果的であり、光害地の自宅でもそこそこ満足度の高い画像が撮影できる。また月明によるカブリが少ないので、月夜でも撮影活動できる。 散光星雲(バラ星雲)でのフィル...
光害地

デジカメ星空環境調査

「伝統的七夕ライトダウン2012キャンペーン」に同調して、現在「デジカメ星空環境調査」が実施されている。 これは、星空公団が実施している「デジカメ星空診断」の一環で、前回は2009年に調査キャンペーンが実施されており、私も参加した。 今回は8月8日~8月21日の期間の、20:30~22:00の時間帯とのことだ。時間帯の制約が少しきついが、8日は幸い晴天で、指定時間帯までに帰宅できたため、早速家の近くで撮影してみた。 マニュアル通りに撮影した結果。6...
未分類

デジカメ星空診断(さじアストロパーク)

「デジカメ星空診断」による光害調査だが、4月初旬の砥峰高原でのテストに続き、先日訪れた「さじアストロパーク」で撮影した画像をテスト投稿した。 日時は、2011年5月4日0時59分。快晴だが黄砂が酷いため、透明度が悪くかすんだ状態。結果は、 21.0 (等級/平方秒角) となった(デジカメ星空診断のNo.00006)。 一方、デジカメ撮影と同時にSQM-Lで10回測定した結果は 平均 = 21.25、標準偏差 = 0.04 (等級/平方秒角) ...
未分類

デジカメ星空診断にテスト投稿

デジカメで光害の程度を測定しようという試み「デジカメ星空診断」が、現在テスト投稿を受付している(計画停電状況調査との記述もあるが、震災以前から受付はしていたようなので、首都圏以外のデータでも投稿して良いと思う)。 2009年秋に実施された全国一斉の測定キャンペーンは天文雑誌でも案内され、多くの参加者があった。私も「A's balcony」として加古川市内のデータを投稿した。 この時は時間帯の指定(確か、20時~22時)があったのと、期間が2週間しかなかったので、...
星野

2010/9/11 砥峰高原

昨夜の天気予報は、数日前にはあまり良くなかったため、遠征は見送りにするつもりだった。しかし前日ぐらいからやや良い方向に修正されたので、とりあえず砥峰高原に出かける事にした。メンバーはりんしゃんさん、私とA(2)さん。 22時頃現地に着いたが、雲が多め。気温も21℃と前回を上回っていた。早速機材を組み立て始めたが、徐々に雲が増えてきて、更に稲光も頻繁に発生し始めた(「幕電」と言うらしい)。いやな予感がしながら待機していると、案の定小雨が降り始めた。慌てて鏡筒とカメラ、パ...
未分類

9/4 砥峰の光害状況

一昨日(9月4日)夜の砥峰高原遠征時にSQM-Lで測定した値をグラフにした。 SQM-L測定値(2010/9/4-5 砥峰高原) この日、23時頃までは天頂でも21を割り込み、砥峰にしては悪い状態であった。夏場で大気中の水蒸気が多いと、地上の明かりが反射しやすいのだろうか。 23時ぐらいからは徐々に良くなっていったが、2時頃には月の出によって再び悪くなった。
タイトルとURLをコピーしました