星景

星景

昇る冬の大三角とオリオン座(比較明)

9月に入っても蒸し暑い日が続くが、明け方にはもう既に冬の大三角が昇ってきている。その光跡をベランダから固定で撮影した。 昇る冬の大三角とオリオン座(比較明) 2008-09-06 04:04 - / 加古川市Canon EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS18mm F4.0 / 20sec. 54枚合成(比較明)ISO800固定撮影ステライメージによる処理 自宅は兵庫県南部の光害地にあり、普段は2等星ぐらいまでしか...
星景

峰山高原と砥峰高原

峰山高原・砥峰高原(兵庫県神崎郡神河町)は、自宅から車で1時間強で行けることから、たびたび利用する星見スポットである。最近は峰山と砥峰を結ぶ道路もきれいに整備されて移動しやすくなった(しかしその反面、夜でも通行する車が増えて、ヘッドライトに悩まされることも多くなった)。 近くて行きやすいのは良いが、それだけ光害の影響もある。特に東南~南は神戸・姫路方面の光害であまり良い状態とはいえない。それに最近だんだんと酷くなっている気がする。10年前には砥峰で冬の天の川が見えたこ...
星景

2008/08/12 ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群の極大日ということで、観望のための遠征を行った。まずいつも通り砥峰高原に行ったのだが、22時前から曇ってしまい、しばらく待っても回復の兆しがないので山を下りることにした。 次に向かったのが多可町中区のキャンプ場である。ここは昔、天文研の仲間と何回か利用したが、最近は全く訪れていなかった。到着するとすでに先客が数人いたが、やはり天文研のOBとのことである。このような観測地で縁のある方々にばったり出会うというのも嬉しいことである。 さて、空は相変わ...
星景

2008/08/09 峰山高原

ここしばらく天文から遠ざかっていたが、昨年ぐらいから屈折とポルタ経緯台、双眼鏡による観望を中心に再開した。先日、初めてデジタル一眼(Kiss X2)を購入したのをきっかけに、押し入れで10年近く埃をかぶっていたスカイメモと200mmレンズを引っ張り出してきた。とりあえずまともに撮れるのかどうか試してみるため、峰山高原へ遠征した。 北斗七星 2008-08-09 22:26 / 峰山高原Canon EOS Kiss X2 / EF-S 18-55mm F3.5-5...
タイトルとURLをコピーしました