DBK21AU618.AS

拡大撮影

2014/5/31 火星・土星

昨夜は黄砂の影響でかなり透明度が悪い空となった。夕方には細い月と水星を撮影しようとしたが、地平線付近は大変見通しが悪く、水星を見つけることが出来なかった。 その後、火星と土星を拡大撮影した。 火星は単位面積当たりの明るさがかなり明るいので、地球から遠ざかりつつある今でも、多少の透明度が悪くても撮影できる。ただ、我が家のベランダからは日没後すぐに見えなくなるので、もうそろそろ見納めとなりそうだ。 土星は暗いので、少しでも透明度が悪いと露出が不...
拡大撮影

2014/5/23 火星・土星

昨夜は透明度が悪かったが、一応晴れて火星と土星を撮影できた。 火星は20:30頃には南中してしまうので、我が家の南東向きベランダからは平日夜に観測するのが難しくなってきた。 視直径も小さくなってきており、今回のシーズンも(我が家では)そろそろ終わりとなる。 一方、土星のほうは南中が23時頃なので、平日帰宅後でもまだ時間的に余裕がある。こちらは6月下旬頃までは観測出来そうだ。 ただし、南中高度が低くて撮影しにくい。特に昨夜のよう...
拡大撮影

2014/5/10~16日の火星・土星

今週は透明度もそこそこ良い晴れの日が多く、現在観測好機の火星と土星を撮影することが出来た。 ただ平日は撮影するだけで精一杯でRegiStaxの処理までは出来ず、やっと今日まとめて処理できた。 まず火星 5/10 5/13 5/16 3日とも午後9時前後に撮影しているが、火星の自転周期は24時間40分弱と地球とほぼ同じなので、結局同じような部分(CM=330°近辺)が見えている。 火星は徐々に地球から遠ざかっており、視直径が小...
拡大撮影

2014/5/7 火星

今週は、水曜日に火星を撮影できただけだった。 この日は透明度もシーイングもあまり良くなく、ぼやけた画像になった。 火星は徐々に地球から遠ざかり、視直径は小さくなってきている。
拡大撮影

2014/5/2の火星・土星

昨夜は透明度がやや悪いがシーイングの良い、春らしい天気。自宅で火星と土星を撮影した。 火星は地球から遠ざかりつつあるが、まだまだ観望好機。小口径でも表面の模様を確認出来る。 土星は5月11日に衝になるので、今が最大の見頃。環も開いていて、土星らしい姿を見ることが出来る。ただ、ここ数年間は高度が低いので、南中前後を狙って撮影するしかない。
拡大撮影

2014/4月下旬の火星と土星

先週は透明度が悪いながらもシーイングが良い晴天が続いた。 火星と土星もほぼ毎日見えていたが、平日は帰宅してから撮影するパワーがなかなか出てこず、結局2晩だけの撮影となった。 火星は4月14日に地球最接近を過ぎ、徐々に視直径が小さくなりつつある。しかしまだまだ見頃は続いている。 土星は5月11日の衝に向けて、視直径が大きくなって いる。 しかし相変わらず高度が低く、小口径望遠鏡での撮影は光量が不足気味。 ...
拡大撮影

2014/4/14 最接近の火星

昨夜、地球に最接近した火星を撮影できた。 残念ながら、シーイングはあまり良くなかった。 最接近と言っても、今回は小接近に近いので視直径は15.2"程度。小口径ではもの足りない。
拡大撮影

今週の火星・土星

火星と土星が観測好機となってきた。 火星は今月9日に衝となり、14日に地球に最接近する。今週は9日と11日に撮影できた。 上の2つの画像は、火星の自転周期(約24時間39分)の2日間分の間隔になっていて、ほぼ同じ中央経度となった。 今週は春らしい霞んだ晴天が続き、シーイングは良好だが透明度は今ひとつ良くない。しかし火星は明るいので、ある程度透明度が悪くても十分撮影できる。 土星は、今日未明に撮影できた。 今の土星...
拡大撮影

2014/4/5 火星・土星

昨夜(今日未明)、火星と土星を自宅から撮影した。 火星は4/9に衝、4/14に地球最接近となる。視直径も大きくなってきており、小口径望遠鏡でも模様がわかる。今が2年2ヶ月に一度の火星観測のチャンス。 土星はてんびん座に有り、南中時の高度でも40度位にしかならない。今後も、さそり座、いて座と進んでいくので、数年は高度が低く撮影しにくい状況が続くと思われる。ただ、環は開いてきてかなり見やすくなった。
拡大撮影

2014/3/31 火星

日付が変わる前に、火星が見やすい高度まで上がってくるようになり、撮影しやすくなってきた。 今週月曜に約一ヶ月半ぶりに撮影した動画を、本日RegiStaxで処理した。 前回に比べてかなり視直径が大きくなった。 最接近は今月14日となる。
タイトルとURLをコピーしました