ASI183MC Pro の新規導入

主に惑星撮影用(兼・小サイズDeepSky撮影用)のカメラとして、ZWO社の「ASI183MC Pro」を新規導入(購入)した。これは、1インチ・ピクセルサイズ2.4μmのカラー冷却CMOSカメラである。

ASI183MC Pro

先月(2020年2月)に惑星用鏡筒として「ミューロン180C」を新規導入したが、カメラは昔から使っている「DBK21AU618.AS (1/4インチ・ピクセルサイズ5.6μm)」をとりあえず仮に付けていた。しかしさすがにスペックが陳腐化してしまっているため、昨年末から新しい惑星用カメラの導入をずっと考えていた。

惑星撮影については今のところ「モノクロ+フィルター」撮影するつもりは無く、ワンショットで済むカラーカメラから選定することにしていた。ならば、同じZWO社の「ASI290MC(1/3インチ・ピクセルサイズ2.9μm・非冷却)」が最適のようだ。価格も手頃なので、実際ほとんどそれに決めかけていた。

しかしそこで思い出したのが、センサーサイズが1/4インチと小さいDBK21AU618.ASを使っていたときの、惑星導入の困難さ。フリップミラーの眼視側で惑星を視野中央に入れ、カメラ側に切り替えてもキャプチャソフトの表示画面の中には入っていないことが多かった(むしろ、ほとんどの場合入っていない)。そこからなんとか画面内に入れるのに結構無駄な時間を費やしていた。ASI290MCは1/3インチでそれよりは若干マシだと思うが、そこが不安に思うところであった。

導入を行いやすくするなら、センサーサイズが1インチと大きなASI183MCも候補になる。ピクセルサイズも2.4μmと細かく惑星にも使えそう。画素数が多いのでフル解像度ではデータ転送に時間がかかりFPSが落ちてしまうが、全画面を使うのは導入時だけで、動画撮影時はROIを用いてクロップすれば良い。そして、そこまでするなら冷却モデルにしておけば視直径が小さく明るめのDeppSky天体も冷却撮影できる(現在所有している「ASI294MC Pro」は、感度は良いがピクセルサイズが4.63μmと粗めなので小さい天体では解像度が不足気味)。冷却モデルは256MBのバッファメモリが付いているのも有利に思う。

そんな感じで2019年の年末からずっと迷っていたのだが、年末のZWO製品の割引セール中に決めきれず、値段が上がってしまった。その後、2月上旬に東京に行く機会があり、KYOEI東京店に立ち寄り相談すると、おおむね上記の考えで合っているとのこと。価格以外のデメリットとしては、「電源確保の必要」と「カメラ重量の増加」が考えられるそうだ。自宅での使用のみなので電源は問題ない。重量増加は31.7mm径での接続で強度的な不安があるかもしれないが、410gという重量はEOS Kissクラスのデジカメより軽いし、まあ問題ないと思う。在庫もあったので、そこでASI183MC Proを購入するに至った。

カメラ類と鏡筒はなるべくEOSマウントで統一して組み換えしやすくしているので、今回もカメラ本体のほか、「ZWO EOS-EFマウントアダプターII」と「ZWO IR/UVカットフィルター 2”」を同時購入。カメラにはEOSアダプターを付けたままにすることにした。IR/UVカットフィルターはホコリ侵入防止を兼ねて、EOSアダプターの中に装着したままにしている。

【追記】下記画像はマウントアダプターに「5mm延長筒」が付いているが、これは誤った使い方で、183MC ではこれを取り外す必要があるそうだ(こちら参照)

ASI183MC Pro, EOS-EFマウントアダプターII

これでEOSデジカメと同様に、各鏡筒に素早く脱着できるようになった。

コメント

  1. つき より:

    ASIいいね。

タイトルとURLをコピーしました